当院について

大事にしていること

院長:東 純哉(あずま じゅんや)

  • まずはしっかりお話をうかがい、何が問題なのかを理解するように心がけています。
  • 病気だけではなく、生活上の不安など社会的な面もとらえるように努めています。
  • 短い時間の中ですが、診察する方の全体像をとらえるようにしています。

診断・治療を行うには、

「患者様から症状をしっかりお聞きすること」が非常に大切です。

当院はWEB問診を導入し、問診の効率化を目指しています。


院長紹介

1946年に祖父が阿倍野区で開業

当院の建設前のイメージ図
当院の建設前のイメージ図

鶴ケ丘東診療所は、祖父が1946年に阿倍野区に開設しました。

 

その後、叔父が2代目の院長として当院を継承し、地域医療に貢献しました。

 

2014年:祖父の開業から約70年後に孫のわたくしが、みなさまのかかりつけ医として3代目の院長に就任しました。

 

祖父は、

  • しっかり診断するための「知識」
  • 患者情報を得るための「問診と身体診察」
  • 情報と知識を裏付け診断を確信するための「道具」

にこだわっていました。

大阪府下で開業医として初めてCTを導入したのも祖父だと聞きました。

(証拠はないですが・・・。)


治療は診断に基づいて行われる

祖父がCTなどを積極的に導入したのも、「治療はしっかりとした診断に基づいて行われるべきだ」という信念のあらわれです。

 

ただすべての疾患がすぐに診断がつくのではなく、時間経過とともに診断がわかるものも多々あります。

ですのでかかりつけ医としてみなさまの普段の様子を知り、何か変化があれば、気が付くことができるようにしたいと思います。

 

「知識」や「道具」は私自身の努力で何とかなりますが、「問診と身体診察」のうちの「問診」部分が一番重要で難しい。

限られた診察時間の中で有効な情報を効率的に見つけるには、医師とみなさんの間に何か信頼感、親近感というようなものが混然となった空気感が必要なのかもしれません。ただ人それぞれ感じ方が違いますし、何よりも信頼感が生まれるには時間もかかると思います。

普段のみなさまを知ってこそのかかりつけ医

かかりつけ医とは、普段のみなさまの様子を知っている医師だと思っています。

 

医師としての客観的な姿勢は確かに大切です。しかし、客観的な姿勢は時にみなさまとの間に「距離」を生み出すことがあります。

ですので、ある程度は私という人間の主観的な部分をみなさんに知ってもらいつつ、この界隈のかかりつけ医として過ごしていきたいと考えています。私自身、ここ数年はそのように過ごしてきたつもりなのですが、そうすることでスムーズに有効な問診・診察・診断・治療を行うことができるように感じています。

 

これからもみなさまのホームドクターとして、感染症をはじめ、高血圧・糖尿病などの生活習慣病の管理、健康診断、予防接種など幅広い診療に取り組んでいきます。

令和3年2月21日

院長:東 純哉(あずま じゅんや)


資格

医学博士
総合内科専門医
循環器内科専門医
大阪府地域小児科研修修了
指定学校医
日本医師会認定産業医

所属学会

日本内科学会
日本循環器病学会
日本外来小児科学会

略歴

平成9年

三重大学医学部医学科

卒業

平成9年

大阪大学医学部附属病院

加齢医学講座 研修医

平成10年

大阪国際がんセンター

(旧大阪府立成人病センター)

第一内科 (循環器科) 研修医

平成12年

大阪国際がんセンター

(旧大阪府立成人病センター)

第一内科 (循環器科) 医員

平成13年

大阪大学医学部

加齢医学講座 医員

平成18年

大阪大学大学院医学系研究科

老年・高血圧内科

臨床遺伝子治療学講座 医員

平成19年

米国スタンフォード大学医学部

血管内科 研究員

平成23年

大阪大学大学院医学系研究科

老年・高血圧内科

臨床遺伝子治療学講座 特任助教

平成26年

鶴ヶ丘東診療所

院長就任

平成30年

医療法人純正会 鶴ヶ丘東診療所

院長就任

これまでの研究成果等は

こちらでさらに詳細にご覧になれます。


木曜日:担当医師

小児科診察(3歳未満)に関しては、受付でお問い合わせください。

医師:横井豊彦(よこい とよひこ)

資格

医学博士
総合内科専門医
経営学博士
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康・スポーツ医
日本体育協会認定スポーツドクター

所属学会

日本内科学会
日本循環器学会
日本プライマリ・ケア連合学会
日本肝臓学会
日本臨床検査医学会
日本心エコー図学会
経営行動科学学会
日本労務学会

略歴

平成8年

関西医科大学医学部医学科

卒業

平成8年

大阪大学医学部附属病院

加齢医学講座 研修医

平成9年

大阪厚生年金病院

内科 医員

平成16年

大阪大学医学部附属病院

老年高血圧内科 医員
平成18年

大阪大学大学院医学系研究科

医学博士  

平成21年

関西医科大学附属滝井病院

臨床検査医学科 助手・病院講師

平成24年

神戸大学大学院経営学研究科

経営学博士       

平成27年

大阪市立大学大学院経営学研究科

特任准教授

平成28年

大阪産業大学スポーツ健康学科

教授

これまでの研究成果等は

こちらでさらに詳細にご覧になれます。


院内案内

2014年8月に当院はバリアフリー化のため、改装を行いました。

エントランスには十分なスペースを確保したので、車いすや歩行器をご利用の方がスムーズにご来院できます。

また、車いすや歩行器をご利用の方の洗面室へのアクセス性を高めるため、最新の機材を備え付けました。

歴代院長と関連医師

初代院長(祖父):東 純正(享年77歳)

初代院長(祖父)

東 純正(享年77歳)

先代院長(叔父):東 正(享年61歳)

先代院長(叔父)

東 正(享年61歳)

兵庫医療大教授(元)   大阪大名誉教授、臨床薬理学 父:東 純一(享年69歳)

大阪大学臨床薬効解析学教授(元)

同大学分子病態内科学教授(元)

兵庫医療大学薬学部長(元)

父:東 純一(享年69歳)

 

07年に設立したアスモットではゲノム薬理学に基づく臨床研究・治験の実施を精力的に支援しました。