お知らせ



インフルエンザワクチン接種のご案内

申し訳ありませんが、当院の受診歴のない方お断りしています。

 

※予約なしでご来院の場合は、在庫の保証はできませんのでご了承下さい。

 

詳細はこちら


医療法人設立に際してのごあいさつ

鶴ケ丘東診療所は、平成30年3月1日に医療法人となり、名称が「医療法人純正会 鶴ケ丘東診療所」になります。医療法人の名称は、地域医療に継続的に貢献することを望んだ祖父:東純正の名前にちなんで命名しました。当院は、昭和21年5月1日に開業し、祖父の思いを継承しながら、叔父、私と世代を重ね、内科・小児科を中心に地域に根ざした医療を約70年間、継続してまいりました。

今般の医療法人化により、世代継承のみに頼らず、多くの優秀な人材を積極的に取り入れ、スタッフと一丸となって地域医療に継続的に貢献できるような体制を作っていきたいと考えています。診療内容や院長は変わりません。診療時間に変更がありますのでご了承ください。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


木曜日午前診療:担当医師のご紹介

小児科診察(3歳未満)に関しては、受付でお問い合わせください。

【横井豊彦 医師 略歴】

 

医学博士 総合内科専門医 日本医師会認定産業医 経営学博士

 

1996年 関西医科大学医学部医学科卒業

1996年 大阪大学医学部附属病院研修医(老人科)

1997年 大阪厚生年金病院医員(内科)

2004年 大阪大学医学部附属病院医員(老年高血圧内科)

2006年   大阪大学大学院医学系研究科修了(医学博士)

2007年 関西医科大学附属滝井病院臨床検査医学科助手(病院講師)

2015年 大阪産業大学 スポーツ健康学科教授

http://www.spo.osaka-sandai.ac.jp/teacher/t20/



診療情報地域連携システムの導入

患者様のご同意のもと、大阪府立急性期・総合医療センターのご本人のカルテ(検査・処方・画像・記事等)を当院医師がインターネットを利用して閲覧できる ようになりました。これにより、患者様の診療状況を途切れなく把握できるようになり、無駄な検査や処方の重複を防ぐことができます。
このシステムはインターネットを利用することから、暗号化通信とシステムへの不正アクセス対策により、厳格に個人情報を保護しています。→詳細はこちら


電子カルテの導入

当院では2014年3月14日より電子カルテを本格的に導入しました。

  • 皆さまのデータをデジタル化させていただくことで臨床所見や検査データの保存性を高めると同時に、素早く皆様のカルテにアクセスすることが可能になり、情報の運用性も高まります。
  • 画像データに関してはすでに先代院長が時代に先駆けてすべてのデータをデジタル化して、画像をファイリングしていました。今回の電子カルテ導入により検査データ、臨床所見、画像データが一元化されデータベース管理されるようになります。
  • 電子カルテのクリニックでの導入率は30%程度と言われていますが、大規模病院では60%です。今後の大規模病院との連携、地域連携医療を考えれば、カルテのIT化は必須であり、私も時代に先駆けて積極的に情報管理に取り組んで参ります。